2013年11月21日

ぬれぎぬ

「うぼぜ」 初めて買った、食べた、美味しかった。今まで誤解していて悪かった。

子供のころ、小さいウボゼを焼いて酢漬けにしたのがよく食卓に出たっけ。
骨が多くて、身が柔くて、味は少し苦味があった。子供心にまずいと思った。
嫌々食べた記憶に押されて、所帯を持ってからは1度も買ったことが無かった。
しかし魚港での噂じゃ、そこそこの大きさのは焼くと旨いと言う。
2尾500円で買って、だまされたと思って食べて、濡れ衣は解消した。


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
紫色の豆ご飯
金沢の細工菓子
佐々木蔵之介の実家のお酒
いつまで?
面白ラーメン
紅芯大根
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 紫色の豆ご飯 (2019-01-10 00:13)
 金沢の細工菓子 (2019-01-05 00:28)
 佐々木蔵之介の実家のお酒 (2019-01-01 23:42)
 いつまで? (2019-01-01 23:23)
 面白ラーメン (2018-12-25 00:18)
 紅芯大根 (2018-12-24 00:38)

Posted by のりちゃん at 23:38│Comments(0)食べ物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。