2018年04月27日

ミュゲ

30年も前に、とあるお庭でいただいたスズランの株。土を良くしたからか今年は50も花穂が出た。

お店で売っていないのよね。花瓶に入れ、試験管の花器に活け、友達にもプレゼント。

鈴蘭 君影草(きみかげそう) 谷間の姫百合(たにまのひめゆり) フランス名はミュゲと言う。
「フランスでは5月1日、愛する人にスズランを贈る風習があります。
この風習は1500年代にまで遡ります。フランスの王様シャルル9世が5月1日に
幸福を授けられると言うスズランの花束を受け取り大変喜びました。それからというもの、
5月1日に愛する人に必ずスズランの花束を贈る事に決めたのです。
この風習が庶民に広がり、そして今日まで続いていると言われています。」 だって。
  


Posted by のりちゃん at 22:37Comments(0)花と虫

2018年04月22日

岬で働く

第3土曜日は「トンガの鼻自然クラブ」の例会作業日。雑賀崎の岬の整備に9時に出向く。
今日のお仕事は、20株程のツワブキの苗を植え付ける事。

水道設備が無いからと、2ℓのペットボトル10本をリュックに背負ってきたと言う仲間に頭が下がる。

苗に水やりした後で岬を見て回った。先月は絨毯の上の黄色い模様のように咲いていたタンポポ。

今日は大方が綿毛になっていた。小ぶりの椎茸2ツも収穫させてもらって、早めに帰宅させてもらう。
  


Posted by のりちゃん at 00:44Comments(0)花と虫

2018年04月18日

春の大潮

雑賀崎にある「なだの浜」のガレキの掃除の最終6回目。15人と少ない人数でも頑張る。

去年の秋に比べれば、20分の1程になったゴミ。後は、波に任せて自然消滅を待つのか?

今日は春の大潮の日。雑賀崎では昔から、この日に磯に出てピクニック的な行事をしていたと言う。
ガレキ掃除の最終回とあって、おにぎりと豚汁とミカンのゼリーを用意したランチタイムになる。

普段は海中で見えないコンクリートの台座が現れた。(干潮 13:49 -2cm )

周りに大きく育った牡蠣が付いている。   マイナスドライバーや石を使ってせっせと採る仲間。

しかし・・噂の貝毒が気になるなぁ。      若布の根株も一杯収獲していたけれど・・
  


Posted by のりちゃん at 23:04Comments(0)出来事

2018年04月14日

奇跡の2輪

塀の下のコンクリートと、道のアスファルトの隙間から、芽生えたサクラ草。

3mm程の葉の間から茎を伸ばし、1cmの花を2輪咲かせた。よくもまぁ! ただ,、ただ驚く。

  


Posted by のりちゃん at 23:23Comments(0)花と虫

2018年04月13日

太刀魚の干物は旨いよ

昨晩貰った太刀魚4尾。頭を落として、背びれを取って、太い身は塩焼きにして食べた。

残りも三枚に下ろして、味醂と醤油に漬けて干した。半日で仕上がった太刀魚の干物
オーブントースターで炙ると、ビール好きのアテに。お酒を飲まない人にも旨いおつまみになる。
  


Posted by のりちゃん at 23:58Comments(0)食べ物

2018年04月12日

念力が届いたか

北海道に住む叔父から毎年届くのは、富良野のアスパラガス。太くて柔かくて甘味がある。

ちょっと前、「北海道のアスパラガスはホンマ旨かったなぁ」とつぶやいていた人がいた。
10本入りが2袋あったから1袋届けたいと思ったが、しかし・・家は遠いし、調理ができるのやら・・

迷っていたら、そのつぶやき人からの電話で、釣った太刀魚4尾とガシラ5尾を頂く事になった。

「渡りに舟」と言うか、私の念が届いたのかもしれないな。こんな偶然は歓迎するよ。

  


Posted by のりちゃん at 23:55Comments(0)食べ物

2018年04月11日

里山に咲く

子供の頃の庭のある家は、松やマメツゲなんかの木がある日本庭園的な庭が主だった。
鉢やプランターでカラフルな花を咲かせる家は無かったから、マーガレットは図鑑上の花だった。
マーガレット」と言う少女雑誌が創刊された事もあって、少女的な清楚な花のイメージがあった。

今、日常的にこの花を見るのは軽い驚きがある。こんなに沢山咲いていて・・・いいのかな?


珍しい植物も見つけた。「浦島草=ウラシマソウ」こんなに身近にあるなんて。
  


Posted by のりちゃん at 23:51Comments(0)花と虫

2018年04月11日

浜のお掃除

2週間ごとに4回した雑賀崎の浜の清掃。あと2回頑張ってみる事になっての今日。

風がめっぽう強いから燃やさないで、せっせセッセとゴミ袋に詰めて木切れの山を崩していく。

砂に埋まった樹の幹は手強い。ロープをかけて綱引きで掘り起こし、チェーンソーで切る。

動かせる大きさに切られたのがゴロゴロと。


木切れの間から芽吹いている。海水なのに、大したもんだ。


  


Posted by のりちゃん at 23:21Comments(0)出来事

2018年04月09日

山菜三種で

朝一番に頂いたのは、=ワラビ すぐに食べられるように茹でてあった。
午後のメールでもらいに行ったのは、 これも糠で茹でたのを頂く。
夕方のチャイムと共に差し出されたのは、タラの芽。おお!山菜の3種が揃ったね。

夕飯は、勿論の山菜天ぷら。このところ、毎日旬の野菜を頂いている。  


Posted by のりちゃん at 23:55Comments(0)食べ物

2018年04月09日

海からのそよ風

海のシーズン到来。ヨットクラブの初レースがあった今日は、程よい風と晴天に恵まれたらしい。
私は卓球クラブの「総会&部内親善試合」で、半日屋根の下の体育館に居た。

でも夜にある打ち上げパーティーには参加した。人づてに海の噂を頂きたかった。
レースに出た30人弱の人たちが活き活きとして見えた。潮の香りが漂ってくる。
  


Posted by のりちゃん at 01:08Comments(0)出来事

2018年04月07日

桜の代りに

桜見物を兼ねたハイキングを企画していたと言う。場所は岩出の「根来寺界隈
しかし、例年より1週間早い開花と、昨日の嵐とで、無残にもサクラの無い山行になった。

見るべきものは他にもあるよ。「ドウダンツツジ」が満開だ。


アケビの花だって、全部に実が成ったならどうするのだろうかと心配する位にギッシリ花咲く。


グミの木だって、満開の花を誇る。


近くにあったから撮影したミツマタの花。可愛いよね。


ヤマツツジとモチツツジの合いの子がミヤコツツジ。色合いが濃くてきれいだ。

サルトリイバラの花は、初めて見る。和歌山では、柏餅の葉っぱにしているおなじみ。


この花はとうとう最後まで誰も知らなかった。良く見かけるのに・・何だろうね。

2525さんに教えてもらった。「マルバウツギ」と言うそうな。

  


Posted by のりちゃん at 23:53Comments(2)花と虫

2018年04月05日

古民家の屋根

使われていない民家がある。かなり広いお屋敷のようだ。これに手を入れて休息場にするそうな。
熊野古道にも、こんな古民家で一休み出来るところがあったなぁ。憩いの場所が嬉しかった。

屋根には、いろんな雑草が生えている。屋根はそのままにして欲しいと思う。
  


Posted by のりちゃん at 23:45Comments(0)出来事

2018年04月05日

密かに生き延びるサンゴ

今シーズン最終で5回目の海藻採りに、大阪からやって来た妹と友と3人で出かけた。
ヒジキもワカメも遅かったか。見渡すと、全体に茶色がかった岩場が物語っていた。

その代り、堤防下のコンクリートのブロックの穴に、美しい物を見つけた。
うちわサンゴの一種だろう、朱色やオレンジ色、白と赤のまだら模様のが沢山ある。

写真に撮るのは難しい。海面の反射と水の揺れでピントが合わない。

もうこんなサンゴは他では見かけないだろう。人が近寄れない困難な場所だからこそ、
コツコツと生き延びて、少しづつ体を大きくしているのだろうね。

  


Posted by のりちゃん at 00:24Comments(0)

2018年04月02日

ジューンベリー ラマルキー

数年前、新築の家のガレージや玄関ポーチにシンボルツリーを植えるのが流行った。
ハナミズキトネリコだったり、オリーブなんかも人気だったと思う。私ならこれを植えただろうか?

ジューンベリー。春には桜に似た花が咲き、6月には甘い実が成り、秋には葉の紅葉が美しい。

2015年の11月に植えた苗が、3年半を経てやっと花を咲かせた。

ジューンベリーとは、(6月のイチゴ) 甘い実を楽しみに待とう。

  


Posted by のりちゃん at 23:31Comments(0)花と虫

2018年04月01日

搗き立て餅

昨日今日との2日間で開催された「桜まつり」のほんの一部、餅つきに参加させてもらった。

丸めて3個づつをパック詰めする。1回で30パックの90個。それを繰り返し12回搗いた。

300パックを振る舞いにして配り、後は参加者で食べたり持ち帰ったり。

搗き立てのお餅は、暖かくて柔らかくて、感触が良い。醤油を付けて海苔を巻いて食べる。

今年の搗き手には若い人が来てくれた。高校のラグビー部員が並んで搗いた。

腰が入った力強い搗きの少年も数人いた。今後の行事にスカウトしなくては。
  


Posted by のりちゃん at 23:50Comments(0)出来事

2018年03月31日

桜の下に包まれて

花見弁当を広げていた手前は、タンポポの絨毯だった。茎が伸びないままに黄色い花がびっしりと。


台場の1本桜は、姿良し貫禄良しの立派な姿だった。
花の下に潜り込むようにして座る。どの方向を見てもサクラ一色の花見になった。
  


Posted by のりちゃん at 23:56Comments(0)出来事

2018年03月31日

花見弁当

台場の1本桜の下で

手持ち弁当
を広げる。

牛肉の甘辛煮。

春雨と野菜の酢の物。

揚げと竹輪の煮しめ。

めはり寿司。

オリーブの塩漬け。





つみれ汁を頂く。

エソのつみれ。

足赤海老。

人参・大根・揚げ・菜っ葉

色んな具材が煮てあって

おかわりが嬉しい旨い汁。






  


Posted by のりちゃん at 23:48Comments(0)食べ物

2018年03月31日

サクラ見物

トンガの鼻自然ラブの春の恒例行事は、テリトリー内の桜見物の後、台場に集っての昼食。
11時に集合して、まずは岬の足元にあるナカヤマの浜広場に植樹した木々を愛でる。

藤を植えて藤棚も作って数年、白い藤は良く育って茂っている。


紫のも今年は花芽を出していた。

早くに咲き終わった河津桜、散ってしまった陽光桜大島桜山吹は散り始めている。
この後は、御衣黄桜八重桜だろうねと、話しながらの散策。

様々な桜を植樹したお陰で、花の時期や姿を覚えた。今は自然に生えている山桜が見ごろ。



  


Posted by のりちゃん at 23:29Comments(0)花と虫

2018年03月30日

目はらない寿司

高菜を漬けた人からいただいたので、久々にめはり寿司をこしらえた。

小ぶりだから、目は張らないかも・・
  


Posted by のりちゃん at 23:40Comments(0)食べ物

2018年03月30日

シェア自転車

松下体育館の前に、オシャレな黄色い自転車が並ぶ。
中国やアメリカで先行しているシェアサイクルが、和歌山市でも採用された。

アメリカ版は、映画の一場面で観た事がある。台湾では、実際に沢山見かけた。

21か国・250都市・1000万台を展開している中国のofo(オフォ)と言う会社が経営する。

スマホのアプリが必要。マイ愛車とは別に活用してみたい。


  


Posted by のりちゃん at 00:28Comments(0)