2008年12月19日

三番叟(さんばそう)


先月からかかっている

「お猿の三番叟」が

仕上った。

小さな鈴を手にしている、

この姿がご愛敬。

空いた左手に持つはずの、

御幣(ごへい)は、

小さな体に釣り合わないと

やめにした。

烏帽子かぶって羽織着て、

めでたい舞いの姿だそうだ。

縁起物だから、お正月の

飾り物にすると言う。





たっぷりあった宿題をこなして、干支の牛も出来上がった。


半年間でこれだけ出来た。教室は一旦閉会する。先生には来年の4月に再会できるかな。


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
安全な屋根
お彼岸の中日に
草刈りは退屈
1人分で4人楽しむ
河内音頭が踊れない
いらっしゃ~い
同じカテゴリー(出来事)の記事
 安全な屋根 (2018-09-17 22:41)
 お彼岸の中日に (2018-08-24 22:23)
 草刈りは退屈 (2018-08-18 22:42)
 1人分で4人楽しむ (2018-08-16 22:56)
 河内音頭が踊れない (2018-08-16 22:48)
 いらっしゃ~い (2018-08-12 22:04)

Posted by のりちゃん at 00:17│Comments(0)出来事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。