2009年03月15日

虫愛ずる

毎月の第3日曜は、「トンガの鼻自然クラブ」の作業日です。
幸いの青空、16人が集まって草刈りや道の整備に精を出す。

去年から下ごしらえしていた「道標」20枚を設置した。監督役を仰せつかる。
配置図とふり番号を確かめながら、ソコ、ココ、と偉そうに指示だけ出しておれば良い。
これが済んで後半は、大汗かきながらの肉体労働。やっぱ、こちらが向いているみたい。


通りすがりに見つけたのは、何やら虫の卵らしき塊。不思議と小さい物でも目に入ってしまう。
幼い頃からこんな物を素早く見つけては、喜んで持ち帰っていたらしい証拠に、
祖母からいただいた呼び名は「虫愛ずる姫君」とかいう・・

今日見かけたのは、カブトムシの幼虫、バッタ、どでかいアメフラシ、カマキリの卵。
どれも可愛いと思う「昔の姫」。ポケットに入れて持ち帰ったのは・・どれでしょう?


同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
夏の金剛山
セーリング日和
オブジェ
大台が原
穴子の町
野島断層
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 夏の金剛山 (2018-07-02 22:39)
 セーリング日和 (2018-06-10 00:56)
 オブジェ (2018-06-05 21:43)
 大台が原 (2018-06-05 21:40)
 穴子の町 (2018-05-05 23:00)
 野島断層 (2018-05-05 22:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。