2009年06月21日

アゼリア

和歌山市の市花は「つつじ」。英語だと「アゼリア」。
ヨットクラブの月1のレース、本日はその名前を冠した「アゼリアレース」が行われた。

いったんセーリングセンターに集合して、レースのコースやルールの説明がある。
今日は他にも、3種類の小型ヨットの練習もあるらしく、その準備もしていた。
係留した隣のボートに置いてあった「ブイ」。ひょうきんな顔が描いてあった。


艇の能力で2クラスに分けてある。俊足のクラスⅠのスタート後。5艇並んであまり差が無い。


私が乗せてもらっていたのはクラスⅡの艇。2回あるレースの1回目の舵取り役を仰せつかった。
まさか冗談でしょ、と思っていたらマジだった。おっかなびっくりで舵にしがみ付く事1時間。
斜めに傾いだ船で両足踏ん張ると、下側の足がしびれてくる。迷走しながらも3着の成績。
2レース目はキャプテンに舵を返して、さすがの1位ゴールとなりました。めでたしめでたし。


同じカテゴリー(アウトドア)の記事画像
お魚ハンター
短足ポニーとヒップアップ牛
霧ヶ峰~美ヶ原
夏の金剛山
セーリング日和
オブジェ
同じカテゴリー(アウトドア)の記事
 お魚ハンター (2018-08-17 23:06)
 短足ポニーとヒップアップ牛 (2018-08-06 22:51)
 霧ヶ峰~美ヶ原 (2018-08-06 22:34)
 夏の金剛山 (2018-07-02 22:39)
 セーリング日和 (2018-06-10 00:56)
 オブジェ (2018-06-05 21:43)

この記事へのコメント
海の上のヨットは、

やっぱかっこいいなあ。
Posted by 植松淳平 at 2009年06月22日 20:58
植松淳平さん♪

かっこいいですか。私も長年そう思っていました。25年間も・・
実際乗っているときは、かなり過酷な世界でいますよ。
Posted by のりちゃんのりちゃん at 2009年06月23日 01:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。